プロフィール

トレママ

Author:トレママ
新生ギャング団
歳はとってもヒト&ワンコでギャング!

月別アーカイブ
ドッグショウはどんなものなのか。

時々、ブリーダーさんからショウのお誘いは受けていました。
でも、「ショウなんてキレイな子を並べるだけでしょ?
トレなんてムリムリ」と思っていましたので当然、遠慮してました。

そこで、またしても、お勉強しました。

まず、「犬種標準・スタンダード」なるものが存在する事。
そういえば、テリアのサマースクールに参加したとき散々聞いたなぁ。
なのに、すっかり忘れてました。

ひどいですね、勉強不足がまた露呈してしまいました。

「犬種標準」には「その犬が行うべき使役を考えつつ
その犬の理想像はこうである」
みたいな事が書かれているそうです。
理想像と言っても、単に美しくあるためだけではなく
猟犬や牧羊犬、使役犬などのそれぞれの目的のために
人間がその犬種らしさを失わずに、むしろその特徴を生かすように
作り上げてきたその英知の結晶のようなものなんだと思います。
つまりは、その犬種がその犬種らしくあるための目標みたいな
ものでしょうか。ワタシはそう理解しました。

さて、ショウはその犬種標準を基本に行われます。

ジャッジの先生はこのスタンダードが頭にスッポリ入っているそうです。(スゴイ!)
このスタンダードを元にその犬の
見た目・各部の構造・毛並み・歩く姿・サイズを見て
スタンダードにより近い犬がBOBとして選ばれるのです。
そうそう、キャラクターも重要な要素だそうです。

そうか、見た目だけじゃないんだ。総合的に評価されるんだ。
うーん、そんなに甘い世界じゃないんだなぁ・・・と思いました。

そこでワタシは考えた。
「つまりは、客観的にみてもらえるって事?!」

トレが繁殖に使われるだけのものを持っている犬なのかどうか?
トレが後世に子孫を残してよい犬なのか?

「じゃぁ、トレを出して見ていただこう!」

と、こうしてワタシのショウチャレンジが始まったのです。

勝つ事が目的ではない、トレがケアーンテリアとしてどうなのか?
そうして、トレがケアーンテリアとしてテリアらしくいられるために
ワタシ自身が努力をするために。

(続く)


2007/05/04(金) 01:30 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

Mao姉 : テリアを飼う資格!

ショーのハードルは高く、
普通に歩く事も難しく、
影の努力は限りなく、
分かり始めると、終わりが無いのが、
ショーチャレンジです。
きっと、今回のトリミングの誤魔化し方も、
今は判らないと思うけれど、
後々、分かった時、すっごく恥ずかしくなると思うけど、
それでも、自分でいじることの方が大事だと想います。
トレママがその気になるのが一番ですから^^
その時、テリアを飼うパスポートを手に入れることでしょう。

やりたくても我慢している、そんなところです。

トレママ :

あのね、胸が異様に白いのね。
充分はずかしい。
この恥ずかしさが倍増するのかなぁ。
(T^T)

Mao姉 : アハハ・・・・

お部屋の中では、WHTNに見えるけど、
晴天の外では真っ白に見えるよね。
実際は白じゃないんだけどねぇ~。
ドッグショー会場の床の色によっても違うし、
追求すると奥が深いんですよ。

でも、プロが出来ない、使用人としてのポリシーは、
トレママにしか出来ない事だから、問題ないです。
恥ずかしがらなくて大丈夫!

トレママ :

そうなんだよね、部屋では色付きなんだもん。
お外でると・・・だった。

毛の色って難しいものですね。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索