プロフィール

トレママ

Author:トレママ
新生ギャング団
歳はとってもヒト&ワンコでギャング!

月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
ドッグショウにでるようになって
また、結果がビギナーズラックだったのか
良い評価を頂き、周りの方の援助、声援もあって
現在に至っています。

総合的評価をされるドッグショウの世界で
トレは運動トリミングに苦労しました。

日頃の鍛錬のなさが原因なのですが・・・・。
ワタシの場合は普段からいい加減な性格なので
「ショウ」という目的がなければダメだったと思います。

ショウに出るようになった感じたのは
意識して歩かせないとキレイな歩様はできないし
キレイに筋肉もつかないという事でした。
トリミングも、ブラッシングだけでは絶対だめです。
やっぱり抜き抜きしないと。
(難しいんだな、コレがまた!)

ショウに出る=専門家に預けると思われがちですが
トレのように、当日引きでだって可能です。
気楽に楽しむためであったり、目標を持って犬と接するのが
目的だったりするのであれば当日引きをお願いするのが
いいと思います。

ショウに対して偏見があったワタシですが
参加してみると・・・意外と楽しかったりします。

img5-1.jpg
これ、ワタシの大好きなショット。
のんびりした雰囲気のパドックです。
飯田先生のお人柄だと思います。

勝つことが目的の方もいらっしゃいます。
それに拘ったハンドラーさんもいらっしゃいます。
それは、それでいい事だと思います。
勝負の世界ですから、「勝つ」事は大切です。

ただ、ドッグショウの世界は「勝つ」事にこだわらない人間も
受け入れてくれます。
犬が好きな人間の集りだからでしょうか?
だからこそ、ワタシのような呑気ものでも出場する事が
できるのです。

トレの客観的評価を得るために始めたショウですが
まだ始まったばかりです。
どの段階で、トレの評価が「Good!」となるのか
ワタシが「トレっていいじゃん」になるのか
正直わかりません。

トレはショウが好きみたいです。
今までのお写真を見ていただければわかると思うのですが
どれも、「笑顔」です。
犬の笑顔なんて強制してでるもんじゃありません。
楽しくて、楽しくて仕方が無いんだと思います。
そんなトレの笑顔を見ているとワタシも笑ってしまいます。

トレの笑顔があるうちはショウに出ることに
なるのかなぁと思います。
今後のことはどうも、トレ自身が決める事になりそうです。
ワタシはただ、日々の努力を重ねるだけ・・・ですかねぇ。


2007/05/04(金) 05:13 | コメント:6 | トラックバック:0 |
コメント

Mao姉 : 犬に教わるのよ!

トレママもトレジャーの成績に追いつかないんだね。
私も最初のルカの時がそうでした。
知識も、理解も、結果に追いつかず、
分かり始めたのは、2匹目、3匹目の頃でしたね。
ケアーンは対戦相手が居ないので、
比べられないので尚更分からないです。

先日のアジアインターはとっても良い例です。
全く違った血統と、同じ血統で違う血を入れたバージョンが4匹並んだので、
みんなの写真があれば良かったね。
今、ショーに出ているケアーンはそれぞれが名犬だと想います。
細かい部分のこだわりはブリーダーそれぞれ違いますが、
犬質はみんなすばらしいと思います。
その中で、生まれながらの犬舎生活の子と、
我が家や、トレ家の違いは、キャラクターです。
キャラクターはたくさん遊んであげないと生まれません。
それはどんなすばらしい腕を持ったプロでも、
頭数抱えて時間が無いので、私たちには適いません。
トレの場合は、その笑顔が勝因でもあると思います。
触診の時「なんて可愛い顔なんだ」と、フリーズしたジャッジも居ました。
それが、嫌な思いをしていない、トレ家の育て方の勝因です。

トレママは気が付いていないですが、
ショードッグに一番必要な「笑顔」がトレにはあります。
どんなに良い犬でも、動きが重かったり、暗かったりしたら、
トレに目が行ってしまいます。
それが、最終的な、隠し技ですねん。

ベビートレーニング、パピートレーニングは、一生ものなんです。

トレママがトレでOK!と分かる頃には、
トレは爺さんになっていると思うし、
1匹のチャレンジはなかなか見極められないと想います。
トレママの謎が解けるのを楽しみにしています。

Mao姉 : 追伸

写真のトレちゃん、
ムースをおやつだと思ってみてる?

すずママ : えっ?

おやつじゃないの???(笑)
わたしはおやつもらってるんだと思いましたよ~
トレちゃんはあの笑顔でリングサイドにいる人たちも
笑顔にしてましたよね~
アジアインターのときはトレちゃんを見ながら
ニコニコしてる人たちを見て私がニコニコしちゃった。

トレママ :

>Mao姉
ショウドッグ・トレに追いつける日は来ないかもしれないなぁ。
キャラクター作りにしても、トレの場合偶然の産物な気がするし
もし、次の子を育てたとして・・・あんな明るい子に
育てることはできないかもしれないしね。
とは言え、育て方を気負うことなく今まで通り行こうと思います。
今はそれしかない!できる事からコツコツとね。

>すずママ
トレの笑顔・・・外にいる事が、沢山人がいる事が
うれしいみたいです。
余程我が家がつまんないのか?どうなのトレ?!

飯田先生に「それくれるの?」って顔してますね。
絶対食べ物だと思ってますね。
やっぱりトレです。

Mao姉 : センスでっす!

トレママが、自分で分からない部分が、
トレママ自身が持ってるセンスだよ~~ん。
頭で考えても、センスって生まれないんですよ。
説明しようと思っても出来ないこと。
それはトレママ使用人の育て方なんだよね。
トレとみーねと似ているところがあると思うよ。

だから~~どんなに良い種犬を使っても、
間違って選ぶと、作りたい犬が作れない。
間違えなければ3代でお婆ちゃんそっくりな子は出るけど、
3代間違えたらどんどん違う方向へ行く。

トレママの育て方が、私の育てた犬に合っていたのだと想います。
それがトレママが私のHPに来た時の「カン」ですねん。

やっぱし~~ムース食べたい♪なのかな?
トレッたらぁ~~

トレママ :

カンかぁ。
ってことはやっぱり頭で考えちゃだめね。
よっしゃ~!!

ムースだったらワタシも食べたい!
困った親子♪
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。